スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
北へ!(予告編)
週末からちょっくら北海道に行ってきます。

ぜんぜん行く予定なかったんだけど、仕事の区切りがいいってことで急遽決定。
フェリー空きあり!天気良し!ってことで決めちゃいました。

とりあえずいつものメンツにメールしてみる…。
俺『北海道いかね?』
ツレ『いつよ?』
俺『来週一杯』
ツレ『アホか』

いつよ?って聞き返すあたりヤツもまた変人よのぅ。
まぁ突然すぎて一人旅になっちゃいましたが、思う存分走り回れると思えばこれもまたよし。

北海道には過去2回行って一周半位してるけど、一人じゃなかったし、
今みたいにネットで情報集めたりなんてしなかったんで、見落としてる箇所ありまくりんぐ。

函館とか小樽とか、都市部は一人で行ってもしゃあないし、過去に行ったからパス。
カムイワッカは昔行ったし、今はバスでしか行けないっぽいんでこれもパス。
襟裳岬は一回行ってガスってたんでトラウマが…。ルート組みにくいしリスク高いからパスかな?

もう一度生きたいところも合わせてみた結果がこちら。
 ■ここは行くぜリスト
  オロロンライン・宗谷丘陵・宗谷岬…とりあえず行っとけ
  サロマ湖…夕日が見たいわぁ
  野付半島…トドウラまで歩けるか?
  釧路湿原・納沙布岬…晴れたら最高
  開陽台…道道19号がBLOGを飾るか?
  ナイタイ高原牧場・見幌峠…もういちどあの景色を
  津別峠…屈斜路湖見るならこっち?
  神の子池…それはそれは綺麗だそうで
  三国峠…写真で見てひとめぼれ
  タウシュベツ橋梁…浸かってたらどうしよう
  美瑛…定番でしょ
  白神の青池…行けるのか?

 ■行ければいいねリスト
  知床峠…ルート的にどうだろ?
  オンネトー…あんまし記憶がない
  神威岬…晴れた日のあの景色が忘れられんが遠い
  洞爺湖…噴火前に行ったっきりなで行ってみたいけど…行くなら神威岬とセット
  襟裳岬…黄金道路退屈なんだよなぁ

道央・道東・道北弾丸ツアーになりそうな気配…まぁ一人だから大丈夫かと。
晴れた道東に行ったこと無いんで、天気予報と睨めっこして右回りか左回りか決めるとして、
理想は苫小牧→稚内→網走→根室→釧路→帯広→旭川→苫小牧の右回り。
これだと日曜にひたすら北上なんでベストなんだけど、予報だと前半は道東が晴れなんだよなぁ…。
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

【2006/07/31 21:14 】 | 北海道 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
梅雨の長野のスカイライン(2日目)
朝起きてみるとまずまずのお天気。
仕事に出かける友達と同時に出発です。

犀川・千曲川に沿って北上して須坂を抜け高山村に向かいます。
途中コンビニに寄った時に山の方を見ると…めっさ不安。


高山村からは万座に抜けるr466(上信スカイライン)で高度を上げていきます。
この道は大学の研究室イベントで毎年ねまがりだけ(姫筍?)採りに行った道。
まさかこの先にすばらしい峠があったとは…。

※「ねまがりだけ」
熊笹の中に生えている細いたけのこ。
BBQセット持っていってその場で素焼き・天ぷらにすると最高。
鯖缶と一緒に味噌汁にするのも(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

この道も一気に高度を上げるんで勾配がキツイ。
写真じゃそうは見えないけど結構な登り道。

下りは3速でも容赦なく加速していったりします。

途中ちとドキドキする箇所もあったりしますが、敵は勾配のみ。
上りきって尾根道に入ったら思う存分スンスンスーン(´Д`)


途中の分岐を曲がるとあとは一本道。
曲がって程なくすると視界が開けて目指す毛無峠が見えた!!


さらに進むと木々が無くなりパノラマルートに。


群馬県境の毛無峠に到着。この先はダートで通行禁止なのです。


高台から峠を見るとこんな感じ。左が長野で右が群馬。
ノンビリしてる間にも凄い速さで雲が流れていく。まさに圧巻。


長野側はこんな感じ。


しかしまぁえらい道を走ってきたもんだ。


そんなに長い時間居てもしょうがないので来た道を戻ることに。
昨日通った山田牧場が谷の向こうに!!


須坂と長野を眼下に見ながら猛烈な勢いで下っていきましょう(危険


朝一で素晴らしい景色を堪能したんですが、やはりここは定番に行かねば。
犀川・千曲川に沿って南下し、南バイパスからR19で松本に向かいます。

信州新町に入ったあたりでr12に曲がります。
この道はとあるHPで見つけた道で、アルプス展望道路というらしい。


雲が多かったんで正直展望は?だったけど、交通量も皆無で至極快適。
信州新町から麻績まで一気に駆け抜けられます。

麻績から真っ直ぐ美ヶ原に抜ける予定が…結構迂回しないといけないっぽい。
というわけで松本まで高速でひとっとび。

松本市内の混雑を避けるために南の川沿いを選んだんですが…大失敗。
ことある毎に一停と信号があってペース上がらず…orz

r67(アザミアザレアライン)でビーナスラインへ向かいます。


休日なんで車が多いけど、天気もいいしビーナスラインは気持ちが良い。
霧ヶ峰から車山に向かう途中が一番のお気に入り。


今回初めて車山駐車場脇のビーナスの丘に登ってみました。(車山に登る元気はございません)
左が八ツ島が原湿原方面で、右がビーナスライン。


この時間は走りなんてとても堪能できないんで早々に退散。
和田峠経由でR142~R18で岡谷ICに行って、高速で帰ってきました。

大学時代に行きつくしたと思ってた北信。まだまだ良い道がありそうです。
ドライブ・ツーリング系HPを漁ってれば、情報収集には事欠かないこの時代。
行楽シーズンにメジャーどころに行くのは辛いんで、マニアな道、レアな景色を堪能するとしましょう。
【2006/07/08 22:49 】 | 甲信越 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
梅雨の長野のスカイライン(1日目)
じめじめとした日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
梅雨前線停滞中、台風接近中のこの時期に長野に行ってきました。

朝起きて高速で伊那ICまでひとっ飛び。
伊那からはR361で伊那谷を横断し、高遠から茅野までは定番のR152。

R152の杖突峠にある茶屋に建設中だったバルコニーが完成してました。


そのバルコニーからは諏訪から茅野がどど~んと。


R152で茅野を抜けビーナスラインで蓼科高原に向かいます。
別荘やペンションの立ち並ぶ道を走ると…視界が開けた!


さらに進んでスズラン峠を越えたあたりで、車山方面に伸びるビーナスラインが一望できます。


ここでビーナスラインを離れ、女神湖手前で右折して林道夢の平線にスイッチ。
大河原峠までは途中センターラインが消えるけど、植物の変化を楽しみながら快適なドライブ。

大河原峠に到着すると、標高が2000m以上あるので流石に涼しくていい感じ。


この先が蓼科スカイラインなんですが…『道間違えたか?』って思うくらい道が悪いヽ(`Д´)ノ
でもそんな道も数分で終わり、あとは気持ちのいいスカイラインルートの初まり~。


佐久に下りてくるにつれ気温が上昇。太陽も出てきて幌を閉めないと焦げる~。
佐久→小諸と抜けて今度はチェリーパークラインでまた高度を上げます。

この道結構勾配がきつく、標高2000m弱の車坂峠まで一気に上がります。

車坂峠から嬬恋方面へ降りる道があったので進むと…

『ダートかよ!!』

その直後に『三村マサカズかよ…』と呟く余裕があったんであっさり突入。
ザリザリ・ザザー(ケツが滑る音)・カキンカキン(小石が下回りにあたる音)がその後30分(TдT)
たまに冒険したらこれだもんなぁ。ちゃんと調べましょう。

そんななか、ふと携帯を見るとこのクソ山の中でもバリ3。

auオソロシス。

無事下山するとそこは一面の高原野菜畑。


R144に無事合流し、R292で草津へと向かう途中電車を見てちとびっくり。

長野側から来るとすげぇ山の上で『まさか電車なんて…』って印象が強いこの地域。
群馬側からはそれほどでもないんでしょうかね?

草津は大学時代に何回か来た事があるんで湯畑とかはパス。
一度も行ったことが無い西の河原温泉へ行ってきました。

温泉街の喧騒とは無縁で、雰囲気の良い露天で満足満足。

草津からは滋賀草津高原道路で長野方面に進みます。
だんだん高度を上げていき、振り向くと草津が…ってはずが雲の中に突入して何も見えず…。

まぁ何回も走ってるんで、たまにはこんなのもいいかもね~(負け惜しみ

殺生河原クサ━(`Д´)━ッ!!

…って屋根開けてりゃそら臭いわな。

さすがに日本最高峰の道だけあって、すげぇところを道が走ってます。


普通ならこのまま湯田中方面に抜けるのが一般的なんですが、山田牧場に下りる道へ。
なんか神秘的♪っていうかすごい怖いんですが…ちと後悔。


ハイカーとすれ違うのも気まずいこの細さ。


この道が好きな理由は途中の景色の良さと、牧場の雰囲気が好きだから。
↓こんなところを降りていくわけです。


高山村に下りたら須坂→長野へ向かいツレの家に転がり込みます。
流石に2000m級の峠をいくつも越えたせいか多少疲れが…。
あっさり寝てしまいました*-ω-)ノ" オヤスミー♪
【2006/07/07 22:51 】 | 甲信越 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。