スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
楯ヶ崎と鬼ヶ城
週末になると天気予報が気になってしかたありません。
週末は全国的に天気良くなさそうなんで中日の祝日にお出かけです。
行き先は唯一晴れてる三重方面。前回のリベンジへと向かいましょう。
ちなみにMapionのPCからのアクセスは平日が一番多いそうです。

気合一発朝の3時出発でR23をゴリゴリ走って朝6時前に伊勢に到着。
伊勢志摩スカイラインで朝日を拝むぜぃと意気込むも…。

夜間閉鎖中ですかぃ(´;ω;`)

こんなトコで1時間以上待ってるわけにもいかんのでr37で鳥羽へ。
朝もやで太陽が実に妖しく輝いておりました。


パールロードも序盤はほどほどの景色。
集落と島と海。伊勢志摩らしい景色ですね。


半島の東側に出たあたりから抜群のシーサイドラインの始まり。
もう少し早くついてれば海から昇る太陽が見えたのか。。。


良さげな所で振り返ってパチリ。
志摩の方から走ってきた方が楽しめるかもしれません。


観光道路だけあって駐車スペースが一杯でアリガタイっす。
的矢湾を見下ろす展望台は2~3個ありましたね。
賢島は前回行ったんでr16でショートカットしてR260へ合流。
R260は2回目なんですが最初は海沿いを走る爽快な道。


途中の集落が狭路のため信号で交互通行になってます。


徐々に山の中に入っていってハイスピードな道に変わります。
あんまし展望はきかないけど所々で入り組んだ湾が見えます。


R42は流石に主要国道。可も無く不可も無くなペースで淡々と流れてます。
尾鷲のコンビニでお昼ご飯を仕入れていざR311へ。

ここも2回目だけど天気も良くて最高♪
やっぱシーサイドは晴れてないといけませんな。


気温が高いんで海沿いを歩くと潮の匂いが結構します。
これ以上暑いとベトベトになるんで今くらいが一番いい季節ですね。


長い立派なトンネルを抜けると3troyさん絶賛の『楯ヶ崎』に到着。
駐車場には先客が2台。こっから30分位歩くらしいんで早速出発です。

最初の約1kmはひたすら下り。帰り道を想像すると憂鬱になりますな。
中間地点には神社があってその目の前には海が広がってます。


後半の1kmは登り下りがあって結構ハード。
写真撮りつつ休憩しながらテクテク。


Σ(゚Д゚)すげぇでかい石がごろっとね。
こんなん降ってきたら一発で死にますがな。


最後に分岐があったけど千畳敷方面へ。
駐車場から35分。海が青いぜー。


振り返ると灯台が建ってます。空も青いぜー。


噂の楯ヶ崎はどこかいなーってウロウロしてたら釣り人が教えてくれました。
言われた通りに岩場を歩いてったら見えた!+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+


高さ80mはダテじゃない。柱みたいな岩で構成された扇の壁がどかーんと。
自分が立ってるところも数十メートルの断崖だけど圧倒されます。
3troyさんが勧める理由がわかった。この景色は800ピクセルの画像じゃ表現できん。


ちょっと早いけど岩棚に腰掛けてお昼ごはんをもぐもぐ。
ぽかぽか陽気で絶景を前にしての昼飯。贅沢ですなー。

ここは釣りしてる人しか居ないんで波の音しかしません…ん?人の声がする。
よーく見ると楯ヶ崎の先っぽで釣りしてる人がいるΣ(゚Д゚)


ちなみにあそこに行くには数十メートルの崖を降りないと行けません。
近くの手すりと木に頑丈そうなロープが結んであったけど…((;゚Д゚)ガクガクブルブル

ご飯食べたりウロウロしたりして結局1時間くらい居ました。
その間に会った人は釣り人3人だけ。マイナーなスポットのようです。


帰りは積極的に写真撮りながら少しでもテンションを維持。
モモケツは日頃の成果が出てなんとも無いけどヒラメ筋が痛い><


駐車場に戻ってくると一気に車が増えてて釣りの準備してる人がいました。
『兄ちゃんぎょうさん釣れたん?』『写真だけですわー』なんてしばし談笑。
このあたりは鯛が釣れるらしく観光で来る人は少ないそうです。


熊野に向かうためまたR311を走り出すと暑い暑い。
振り返るとさっき歩いてたあたりがよーく見えました。


新鹿には綺麗に整備された真っ白な砂浜があってすごく綺麗。
集落前後の細い道が酷だから結構穴場的存在なのかな?


でも大規模な拡張工事をしてるんで平日は時間帯通行止めだそうです。
ゆくゆくは楯ヶ崎もメジャーになるんでしょうか?…ならないか。

熊野に着いたんでもうひとつの目的地『鬼ヶ城』へGo!
駐車場からの土産物屋街は東尋坊を髣髴とさせるけどこっちは駐車料金タダ。


ここは完全に団体客頼みかな?呼び込みも無く静かです。
ってか東尋坊は異常。今後あそこに行くことは無いでしょう。

ちゃんと手すりが整備されてて狭いけど安全に歩けます。


水平歩道みたいなの想像してたんでちょっと(´・ω・`)ガッカリ・・・
っていうか観光地なのにそんな期待をする方がどうかしてるのか?

後半は山の中のトンネルを歩くみたいなんで途中で引き返してきました。
場所場所で『鬼の~』って名前がついてたけど何が何やらw


けっこう足元ごつごつしてるので膝下にダメージが(´;ω;`)
楯ヶ崎といい鬼ヶ城といい良く歩いたな。また体重が減ってしまうでわないか。

帰りは山の中をって思ってたけど結構遠回りさせられる模様。
明日は仕事なのであんまし遅くなるものなーってんで素直にR42-高速で帰りました。

前回のリベンジで挑んだ今回の南紀の旅。
やっぱシーサイドドライブは晴れの日に限るって改めて思いました。
楯ヶ崎は噂どおりの凄い所でした。ぜひ下から見上げてみたいですね。
鬼ヶ城はまぁあんなもんかなー。明け方とかはまた違うかも。
スポンサーサイト

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

【2007/03/21 01:12 】 | 近畿 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
すでに初夏の御前崎
ここひと月ほど休日出勤やらドライブやらで家でゆっくりしてた日が無い。
今週こそはと思ってみたものの天気予報をみたのが運のつきでした。

…静岡方面晴れだってよ(´д`)ママン…

流石に最近お疲れなせいか朝早くに起きれない。
朝9時前という結構遅めの出発です。

スタンドまでガスを入れに行く途中にふと見上げると飛行機雲発見。
全部同じ方向に向かってるけどなんかあるんやろか?


東へ向かうときの定番はやっぱりR23。
微妙な時間のおかげで結構空いてて蒲郡まであっちゅうまに到着ヽ(゚∀゚)ノ


蒲郡市内で微妙に迷いつつも海沿いに出るとやっぱ気持ちいい。
途中のヨットハーバーで海を見るとなんか大会っぽいことをしてました。


浜名湖の海沿いは何回か走ってるんで今回は山沿いを選択。
豊川経由でR362に入りつつも途中の本坂トンネルを迂回します…有料なんでね。

この道は結構狭いんで交通量皆無。


峠を越えてR362に合流するあたりの景色は逸品。
流石は三ヶ日。みかん畑がずばーって感じで広がってました。


浜名湖沿いは混んでるし楽しめそうに無いのでツーリングマップルで検索開始。
少し北側に奥浜名オレンジロードなる道を発見。
早速行ってみるとコレはコレで気持ちがいい道でした。


でもこの道の途中から浜名湖に下りる道がもっとすごい。
峠付近の展望箇所から農道っぽいわき道に入ります。


しばらくうねうね山道を走ってると浜名湖がばーんと目の前に広がります。
目の前のは奥浜名湖で、右のほうにある橋は東名高速です。


このあたりの農家の人は毎日この景色を見られるんですね。
ほとんど車も来ないし、お気に入りの道がまたひとつ増えました。

ただ途中にあった『奥浜名湖展望公園』への道はよろしくない。
普通の車じゃ絶対無理って感じの道だったんで途中でUターン。
みかんの木が低くて全体的に視界も良い十分楽しめる道でした(*^ー゚)b


R362から外れつつ浜松市街地に入らないように東へ。
途中豪快に迷ってたらいつの間にかR1走ってましたとさっ!


しっかし今日は暑い。
アイスを2個ほど消費してしまいました。まだ桜も咲いてないのに。

R150を少し走って天竜川の左岸堤防を南下。
竜洋海洋に向かいつつ堤防道路に出るとそこはパラダイス。


さえぎるものなーんもなし。ひたすら右手に海を見ながら走れます。
さらに堪能したい人は砂地をぐるっと回って海まで降りられます。


流石に途中からすれ違い困難になってきたんで一本内側の道にスイッチ。
ほとんど車のいない道を走ってると…なにやら違和感たっぷりの光景が!!

なんでしょうこれ?w

R150に戻って走ってると千浜砂丘という標識につられてふらふらと。
小ぢんまりとした砂丘で誰も居なかったけど結構いい雰囲気。


この仕切りはきっと砂が飛んでしまわないためのものなのでしょう。
独特の景観を作り出してます。


千浜砂丘の東には浜岡砂丘があります。
ここは千浜砂丘と違って駐車場に露天まで出てたりして大賑わい。
でも中田島砂丘ほどダイナミックじゃないんで千浜砂丘の方が良かったかな。


浜岡原発を超えてr357に入って丘を越えると御前崎は目の前。


緑の丘と青い海。その間を伸びる一本の道。
距離は短いけど北海道で味わったあの感覚が甦ってきます。


今日は暖かいし風も結構あって絶好のマリンスポーツ日和。
いたるところでいろんな事やってました。


御前崎灯台手前の『夕日と風が見えるん台』は超お勧め。
潮騒の像という名の少女と鳥の白い彫像がオサレです。


もちろん景色はダイナミックの一言。


灯台は目と鼻の先です。


結構遅い時間だったけど一応来たぜっていう記念に灯台まで行ってきました。


夕日と風が見えるん台で夕日を眺めるにはちと時間が余りすぎる。
ってことで来た道を戻りつつ適当なところで海に出ることにします。
…が!遅い車につかまっているうちにどんどん日は沈んでいくヽ(`Д´)ノ
中田島砂丘はまだまだ遠い。。。結局行きに寄った千浜砂丘に向かいました。

相変わらず人が居らんなーと思いつつ丘に登ると…赤く染まった世界が目の前にヽ(´ー`)ノ


最低限の写真だけ撮ってぼけーっと沈む夕日を見てました。


空のグラデーションがお見事。なんか風が見えた気がした。
飛行機雲に始まり飛行機雲に終わる一日でした。


御前崎は噂通りいい所でした。お昼について旨い魚を喰いたかったですね。
あと、奥浜名の名も無き道と、人気の無い千浜砂丘は予想外の収穫でした。

この日は暑いくらいの一日でした。
そろそろヘタレキャンパーでもキャンプ可能な季節到来?
3日ぐらいかけて富士山、伊豆を絡めると楽しそうかなー。

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

【2007/03/04 00:57 】 | 東海 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。