スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
春の北東北は雪山で -八幡平・八甲田・尻屋崎-
アスピーテラインは8時30分からって知ってたのに6時に目が覚めてしまいました。
岩手山が綺麗に見えてますね。今日も良い天気を期待しましょう。


二度寝するのもアレだし、昨日行けなかった安比高原でも行ってみましょう。
併走する電車をぶち抜きつつR282を北へー北へー。


結構でかいスキー場の横を抜けて高度を上げていくと雪がモッサリと。。。
広大なブナの森を前にして道が途切れてました。新緑の時期は最高に綺麗でしょうなココ。


人工的な音だけじゃなく鳥の鳴き声も無い中コーヒーをぐびっと。
凛とした空気の中大自然を堪能できただけでも来た甲斐があったかな?
でもここは夏の朝霧+緑の匂いがあったほうがいいかなー。

時間も迫ってきたし来た道を戻ります。
r23に入ると八幡平行くんだろーなーって車がちらほら。
アスピーテラインも最初の方は森の中をグングン上って行きます。

でもスノーシェードをいくつか超えると。。。


どーんと雪山が+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+

『わーすっげ!まじすっげ!!』なんてはしゃいじゃいましたよ。。。

ゲートオープンにはちと早かったらしくいつぞやと同じくずらっとね。
ちんたら後ろ着いて行ってもツマランのでロッヂの駐車場でコーヒーブレイクです。


ゲートを越えるとまずは雪壁がお出迎え。


こんな雪山でも道は完全ドライ。東北人の執念を感じます。


源太岩展望台からは4月末とは思えない景色がずばーんと。
さすがにこの高さまで来ると寒いっす。風も超強いし。。。


これからは尾根に近い所を走るんでどんどん雲が通り過ぎて行きます。


このあたりから両脇雪壁を堪能できます。


雪壁に登って振り返ってパチリ。
鳥海山でも思ったけど綺麗に削るね。


写真を撮ってるうちにドンドン雲が掛かってきて辺りは真っ白に。
左右は雪壁。前後は濃い霧。モノトーンな世界です。


走り出してみたもののひどい所じゃ前走車も見えやしねぇ。


駐車帯に避難したけどコレはコレで危険な気が。。。
ぜんっぜんクリアにならず見返峠もふけの湯も通り越してる始末。・゚・(ノд`)・゚・。


いつの間にか秋田側に下ってたんでその後はR341-R282を淡々と北上。
このあたり良いペースの集団の後ろ走ってて周りの景色の記憶無いっす。
小坂町からはr2(十和田大館樹海ライン)で十和田湖へ。
この道は殆ど車も居ないし暖かい時期は緑が綺麗そうなんでオススメですね。


発荷峠にはすんげぇ人と車が(´-`)
展望台登ってみたものの十和田湖も靄ってるし写真撮る気も起こらんわ。
写真見たい人は3troyさんの所でどうぞw

十和田湖を時計回りに周って奥入瀬へ。
暖冬だったから期待してたけど枯れ枯れでした。
でもさすがは奥入瀬すげぇ人。紅葉の時期なんて考えるだけで恐ろしい。。。


奥入瀬を抜けたらゴールドラインで八甲田へ。
この辺りは看板も地味な色使い。景観に配慮してるんでしょうかね?


本日二度目の雪壁なんで感動も薄めだったり。


でも八甲田は一味違う。
途中で雪壁に上がれるようになってました。


カメラ持って必死こいて登るとそこには人生初の光景が!
鳥海山や八幡平と違って雪の平原にずどーんと道を通してるんだここ!!
感動に打ち震えつつも『削った雪は何処に?』という疑問がふつふつと。


壁のふちに立って見下ろすと結構怖いっす。
雪の上なんで不用意に足踏み出すとずぼって埋まる…っていうか膝まで埋まったし。


八幡平で温泉に入れなかったんで酸ヶ湯へ浸かってきました。
予備知識ゼロだったんで千人風呂はびっくらこきましたよ。

八甲田を時計回りする予定だったけどちと寄り道。
城ヶ倉大橋を見に行ったんですが…普通の大きな橋でした(´-`)


その後はr40で八甲田を周回する道へ。
ふかーい森の間を走ってると一気に視界が開けて田代平に到着です。
R394を少し行った所からだと田代平と八甲田が一望できて良いですよ。


尻屋崎に3時には着きたいんでこっからはスーパーダッシュ。
ちなみにR394。R4までは結構な山道。そっからR338までは平坦な快走路でした。


R338は途中までは原発のおかげ?で超ハイペースな快走路。
集落を抜ける辺りは『あってるのか?』ってくらい細いけどそれがR338。


いよいよ尻屋崎に向かうr6に合流すると沢山の風車がお出迎え。
荒涼とした景色を想像してたらなんか工業地帯チックな景色がΣ(゚Д゚


なんか釈然としないものを感じつつ3時ちょい前に噂のゲートに到着。
…って16:00までって書いてますやん!4月一杯は16時までらしいっす。


ゲートを過ぎてちょっと走れば『あーこれこれ』って景色がお出迎え。


ツーリングマップル風にパチリ。
なんかビートの人が後ろで待ってたんで車入れれんかった。・゚・(ノд`)・゚・。


ついに尻屋埼灯台に到着。


灯台の左側に岬がありました。


振り返ってみると荒涼とした感じがいいっすね。
納沙布でも宗谷でも感じなかったこの感じ。最高!


ここは良い所だ。


本土最北東端の岬に立ってみました。


灯台の右側に居るはずの寒立馬がいない。。。


もう少しボーっとしてたかったけど馬を探しに出発。
走ってきた道の先へ少し進むと…居た!


人が近づいても完全無視で草をハムハム。
都井岬の馬みたいに擦り寄ってくることも無かったです。


この白いのは終始ぼーっとしてました。


触れ合うでもないこの微妙な距離感。


本当はもっと見てたかったけどオジサンが呼びに来たんでしぶしぶ撤収です。
途中でオジサン追い越しちゃったんでゲート前でプチ渋滞が起こってました。


大間で夕陽ってのもアリだったけど明日も朝は晴れの予報だったんでむつ市に直行しました。
…しかしこの決断が大いなる誤算。旅先では見れるうちに見とけってことですな。
スポンサーサイト

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

【2007/04/30 01:01 】 | 東北 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
春の北東北は雪山で -角館・北上山地-
休日の朝7時にもかかわらずR13にはかなりの車が走っておりました。
東北人の朝は早いんでしょうか?名古屋ならガラ空きーな時間帯なのに。。。


R13-R46と乗り継いで武家屋敷が見事な角館に到着。
本当はスルーする予定だったけどかなーり桜が咲いてたんでちと寄ってみました。
朝8時もかかわらず人がどっちゃり…orz…もっと早くこなあかんのか?


写真はスナップ程度にして武家屋敷外をぶーらぶーら。
人が少なきゃ雰囲気のある良い町並みです。人が少なきゃね。


河川敷には桜並木がずーっと続いてました。
ここの散り際のポスター見たけどすっげー綺麗でしたよ。


観光バスが来襲して観光客を吐き出し始めたんで撤収!
R105で田んぼの真ん中を抜けて田沢湖へ向かうことにしました。


ベタだけどたつこさん。この辺りだけでしたね人が多かったの。
なぜーか中国人が大量発生しておりました。喧しいんだよねアノヒトタチ。。。


たつこ像以外はいたって静かな湖です。

北側をぐるっと周ってまたR46に戻ってきました。

盛岡に抜けるR46は結構ダイナミックな山道。
途中に結構長いトンネルがあるんで手前の駐車場で屋根を閉めておきましょう。


山を抜けてしばらくするとまったりとした景色に切り替わりました。
ここには有名な小岩井農場を筆頭に何個か農場・牧場があったりします。


小岩井牧場に向かったはずが良くわからん道に迷い込む始末。。。
でもそのお陰で素敵な景色に出会えました。


これも彷徨った結果の産物。


走ってる途中に人の群れを発見。牧場にぽつんと桜?が生えてました。
帰って調べたんですけど小岩井の一本桜として結構有名みたいです。
この日はまだまだ蕾の段階だったけど結構な人が写真撮ってました。


小岩井農場からの帰り道、対向車線はずらーっと車の列が。
快適に走れたし素晴らしい景色にも出会ったし。道に迷って正解でしたね。

小岩井を堪能した後は盛岡を横断してR106を東に向かいました。
盛岡市内の南西部分は再開発真っ只中で結構迷うんで注意!
R106は区界峠までは田園・牧場・山林が混在する田舎道。


区界峠を超えた辺りに放牧場があって1~2km視界が開けてました。
牛さんたちはこの時期下界で生活してるっぽいです。


さらにR106を進んで道の駅『やまびこ館』の次のトンネルを出て100mくらいを左折。
この何の変哲も無い田舎道がこの日のメイン。八戸川内大規模林道でございます。


この道は途中まで集落があってそこまではごく普通の田舎道。
集落を超えるとなぜか道が良くなるという。。。


だんだん山を登ってきたなーって思ってると…( ゚∀)キタ!!


何処のスカイライだここは?って感じ。


振り返れば絶景が。


一台も車が来ないんですよココ。


峠付近からは素晴らしき景色がヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
なんでこんな場所にこんな素晴らしい道が?岩手県恐るべし。



尾根沿いにも道があって少し進んだけどイマイチ。
素直に八戸川内大規模林道を下ることにしました。
峠の北側はカラマツの山っぽいんでしらびそ的紅葉が楽しめるやもしれませぬ。


途中r171をまたいで更に北上。
この辺りはあんまし展望が利かなかったです。


ふと周りの山を見ると彫刻等でざっくり削ったような山道を発見。


歩きでもいいから登ってみたいなーと思って入り口を探してると…

( `д´) ケッ!

道の横を流れる清流でも眺めて心を落ち着けましょう。


この後はR340を北上して国境峠を越えて暫く走ります。
本日の第二のお楽しみの袖山牧場への入り口は五日市小を越えてすぐを右折。
小さい看板で袖山レストハウスへの看板が出てるんで分かるかと。

道に入ってすぐは大丈夫か??って感じの道だけどそのままGo!
しばらくは鬱蒼とした暗い山道を登っていきます。


ある地点を越えると…( ゚∀)キタ!!


袖山牧場は超パノラマ牧場でしたヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ


ここにも雪壁発見♪
高さは2mくらいだけど車一台分の幅しかないんでドキドキしまっす。


吹きっさらしなんでめっさ寒いけど絶景です。


この牧場を貫く道も八戸川内大規模林道って書いてありました。


素晴らしい景色を堪能した後はR281で盛岡方面へ向かいます。
ここは葛巻の辺りだったかな?ゆっくした時間が流れてました。


実はこの後で事故ったロードスターが積まれていくのを目の当たりに。・゚・(ノД`)・゚・。
旅先で動物の死体や事故を見ると凹みますな。。。

盛岡へはR4南下が最短だけどまだ明るいんで岩手広域農道を西へ。
岩手山とかは見えなかったけど夕暮れのドライブは心地よかったです。


ちと寄り道してr227で七時雨高原へ行ってみました。
r30を東に行けばさらに高みに上れそうだったけど今回は素直に西へ。
赤く染まりつつある七時雨高原はひっそりとしていました。


こーんな広い高原に俺一人。なんか贅沢~。
ここも牛さんたちは下界に行ってるんでしょうね。


山の向こうに沈む夕日を見ながら東北ドライブ2日目は終了です。


岩手県はパノラマラインの宝庫でした。
今回は天気の都合で全部周りきることは出来なかったんで、
次回行くときは牧場やら高原を片っ端から制覇したいですね。

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

【2007/04/29 23:41 】 | 東北 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
春の北東北は雪山で -鳥海山・男鹿半島-
大学の時に郡山での学会のついでに画策した東北旅行。
…が、爆弾低気圧のおかげで仙台市に入った所で撤退。。。
それ以来東北は避けてまいりましたが2007年GWついに東北の地に立つ!

駄菓子菓子!
終わってみればやっぱり福島・宮城には足を踏み入れず。。。

27日はマッハで仕事を終え19:30に家を出て中央道をひたすら北へ。
22:00前に梓川SAに着いて小休止。最近はSAにもドトールがあるんだーと感心。
折角なんでコーヒー一杯飲んで出発します。


退屈なんで姨捨SAに寄って夜景なんぞを撮ってみました。


いつもは遠いと感じる長野もあっさり通過。
このあたりからドライバーズハイ(そんな言葉あるのか?)発動。

途中の対面通行区間で遅い車に引っかかったものの、
なんとか日が変わる前に日本海を拝むことができました(暗くて見えん

どこぞのSAで夜食を食べて本日の目的地の中条SAには25時前に到着。
せまっ苦しいロードスターの助手席でおやすみなさい~。

28日の朝は5時の日の出とともに目覚めました。
予報通りの曇り空だけど日の出が見えたのは幸先がいい証拠?


近くの軽自動車で女の子二人が寝てましたよ。
俺も人の事いえないけどコノ寒いのによーやるわ。

やっぱりフェリー使わないと気持ちの切り替えが(´・ω・`)
行ける所まで高速使ってそれ以降はR345で北上です。


途中で羽越本線と交差する箇所が。
こりゃ晴れてたら絵になるんでしょうな。


笹川流れは正直??って感じ。南紀や越前の方がいいんじゃ?
でも山肌に桜が咲いてて違った良さがありそうです。


R7に合流して山形に入ってしばらくすると鳥海山が見えてきました。


酒田市内は『庄内こばえちゃライン』という広域農道でパス。
コノ道は鳥海山はもちろん月山の方もバッチリ見えるのでオススメ。
お目当ての鳥海山はというと・・・晴れてキタ━━(゚∀゚)━━ヨ


高まる鼓動を抑えつつ鳥海ブルーラインに突入するとなにやら不吉な看板が。
『冬季閉鎖 ○km先ゲートあり』
まじかー!とかなり焦りつつとりあえず進んでみると何やら渋滞が。

ずらっとね。

地元のおっちゃんらしき人が近寄ってきて『10時から開通式やるから』だって。
どうやら今日開通するみたいです。天気も良くなってきたしラッキー♪

待ってる間地元のおっちゃん達としばし談笑して時間をつぶします。
最初は理解できたけど、だんだん意味不明の言語が飛び交いだして相槌のみの会話に。。。

特に記念品をもらうでもなく徐々に車が動き始めました。
景色を楽しみたいんで隊列をやり過ごして最後尾から追尾開始。
しっかしまー見事に晴れたモンだ。


ある程度上っていくと一気に視界が開けます。
すげー景色だ。ブルーラインの意味が分かった!


振り返って秋田県方面もこれまた凄い。
空と海のブルーが眩しいぜぃ(*´∀`)ノ


さらにぐいぐい上っていくとドンドン雪壁が高くなってきました。

標識から推定するに5mくらいでしょうか?

でも一番凄かったのは峠を越えた秋田県側。
展望駐車帯を超えた一つ目のカーブが雪壁の最高峰。


どーですかこの雪壁。雪景色フェチには堪らんもんがあります。
推定8~9m。わざわざ秋田まで来た甲斐があったてもんだ。


車来ないことを確認してロードスターとパチリ。
綺麗な掘削面だなーと感心することしきり。どうやって削ってるんだ?


下りの秋田県側の景色も凄いっす。
運転しててにやけるどころか高笑いっすヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ


ヘアピンがいくつかあるものの、全体的に中高速のワインディング。
こんな道がタダで走れるなんて。羨ましいぞ秋田県民!

秋田県側に下った所も雰囲気の良い田園風景でした。振り返ってパチリ。


帰りのフェリー乗り場で見たんですけど、元滝って所が良さげでした。
今回はスルーしちゃったんで次回の楽しみにとっておきましょう。

鳥海ブルーラインの途中で見えた風車が気になったので行ってみました。
行き先は仁賀保高原。ちと道がわかりにくいけどr58-r289-r312でどうぞ。


振り返ると鳥海山が綺麗に見えました。

自分で停めといて言うのもなんだけどロードスターが邪魔(つД`)

こっからの眺めもなかなかのモンです。
真ん中左に島みたいなのが見えますがアレが男鹿半島です。


日本海に下りるr32の途中に展望台がありました。
鳥海山~仁賀保の田園~日本海が綺麗に見える穴場的存在。


R7に合流してしばらくすると左手に桜並木が見えました。
道の駅『にしめ』の手前くらいだったと思います。満開だー♪


ジャスコ横に菜の花畑もあって綺麗綺麗。


コノあたりのR7は左に海、右に草原の丘を見ながらの気持ちの良い道。
結構開発されてるんで感動はイマイチかも。でも男鹿半島がクッキリ見えました。


秋田市内をパスしてる時にアバンギャルドな建物発見Σ(゚Д゚;

どーやら体育館らしいっす。やるな秋田市。

男鹿半島へは海沿いのr56オススメ。
みんなミニパトが居ようがお構い無しに激走してます。


やってきました寒風山。
360度の展望がすげぇ草原の山です。


男鹿半島南側方面~。


男鹿半島北側方面~。


秋田市方面~。


こうやって見ると阿蘇みたい。


入道崎へはなまはげラインで。
コノ道結構期待してたけど展望利かないし退屈だーヽ(`Д´)ノ


流石に海沿いに出ると気持ちがよいです。
入道崎へはもう少し。


振り返った方が綺麗ですね。


入道崎はひろーい芝生が広がってます。
灯台の色がヘンwなんでまだら模様なんだ?


日没まであと少しだったんで待ってみることに。
薄いもやのおかげでバッチリ焼けたぜぃ+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+


目の前には映画のワンシーンのような世界が。


望遠レンズ( ゚д゚)ホスィ…


見所満開の一日目でした。

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

【2007/04/28 10:52 】 | 東北 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
さくらさく
用事があって実家に泊まった翌日、朝早く起きて近くの桜を見に行ってきました。
実家の近くは『桜の里』って地名があるくらい。結構桜が多い地域です。

行ったのは小さい頃はじいちゃんによく連れて来られた堤防道路。
開花情報とかでは『木曽川堤』という名前で載ってますね。

桜を堪能するために今回は自転車で移動っす(*´∀`)ノ
ここに来るまでも結構咲いてたけどメインの数キロは密度が違う。


ここは昔からの桜が多くて種類も豊富なんです。
白っぽいのや。


黄色っぽいの。


ピンクっぽいのまで。


枝垂れ桜も結構ありました。


昨日降った雨の露が朝日に輝いてました。


コレは散りかけてたんで山桜?


一番立派だった枝垂れ~♪


多分こいつが一番の古木。まだまだ花盛りっす。


潜り込んで広角で煽ってみました。


堤防の上はこーんな桜のトンネル。
この状態で5~7分咲き程度です。満開だとそりゃ~もう。。。


堤防の下はサイクリングロードになってます。
昼前くらいからは宴会が始まるけどまだまだ静か。


何年か前に出来たタワーには上ったことが無いなぁ。


なんかブンブン聞こえると思ったら蜂さん大忙しでした。


最後にもっさり花がついてた木を存分に眺めてしゅ~りょ~。


毎年来てるとはいえこんなにジックリ見たのは初めて。
ちゃんと写真撮り始めてからですな。ヨキカナヨキカナ。

まだなんとか天気が持ちそうだったんで岐阜の霞間ヶ渓に移動っす。
初めて来たんですけど『遠くから見るとまるで霞がかかったように見える』らしい。

斜面の桜が集まって見えるあたりが霞間ヶ渓です。


あんましこういう景色は見たことないんで面白いですな。


やけにフォトジェニックなポイントとかあって結構楽しめましたよ。


でも満開まではいってないようで。だいたい3~5分咲きって感じでした。


今回はドライブとは言えないけどタマにはこういうのもいいかな。
ドライブも桜も両方楽しめるところがあれば良いんですけどね。

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

【2007/04/01 23:15 】 | 東海 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。