スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
北へ!(1日目)
金曜の仕事を早々に切り上げて、最後の準備を済ませます。
とそこに会社から電話が…ただの確認だけだったんでほっと胸を撫で下ろす。

19時出発。GSで満タンにして名神を一路西へ。
高速に乗って早々『一宮JCT7km渋滞』の表示も何事も無く通過。
途中のSAで晩飯を喰いつつ22時前に敦賀到着。

|-`).。oO(早く着きすぎた…)

コンビニで物資の調達も済ませ、暇なので敦賀市内を回ることに。

びっくりするくらい人がおらんね。

気比の松原なるところに行ってみるも当然ながら何も見えず。


諦めてターミナルへ向かい乗船手続きを済ませます。

敦賀ターミナルは今まで見た中で一番立派なんじゃないだろうか。

ものすげぇ暇なんでメルメルメルメル…。徒歩者より遅れて24時30分に乗船開始。
いつもは一番乗りの風呂が混んでいてまるで刑務所のよう。
大の男がちんこ丸出しで洗い場を順番待ちって…どうよ?

定刻通り25時30分に出航。約20時間の退屈な船旅の始まりです。


【フェリーについて】

名古屋あたりから北海道へ行くには、青森まで自走というタフガイを除くと以下の3通り。

1.名古屋-仙台-苫小牧:41,500円/20時~翌々日10時45分
2.敦賀-苫小牧:32,000円/1時30分~20時30分
3.直江津-室蘭:19,000円/23時55分~翌日16時25分
  ※料金は繁盛期/車輌4m未満/2等寝台/各種割引無

名古屋発は近いけど航行時間がネック。到着日の午後からしか移動できない。
直江津発は値段・航行時間が魅力的。仕事後に出発となると時間的にほぼ無理。
敦賀発は両者の中間。夜着だけど日高・富良野あたりまでなら移動可能。苫小牧市街が遠い。

敦賀発は予約が取りやすく今回も一週間前で十分取れた。あと繁盛記でも往復割引がきく。
仕事後に出発なら次も敦賀発かな~と思っとります。
っていうか2日もフェリーの中なんて嫌だ。
スポンサーサイト

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

【2006/08/04 22:49 】 | 北海道 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<北へ!(2日目) | ホーム | 北へ!(予告編)>>
コメント
そりゃ
田舎の夜中にヒトがうじゃうじゃいる方が怖いかと・・
お風呂先に入れなかったのかぁw
刑務所の疑似体験できてよかったね♪(違
【2006/08/15 10:03】| URL | こいぬ♪ #64owOXpE[ 編集] |

あそこまで誰も居ないと怖いっす。

北海道行きは何故か車が最後なのだ。
確か昔使った直江津からのやつもそうだった気がする。
【2006/08/15 23:49】| URL | 鉄斎 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://edogein.blog21.fc2.com/tb.php/23-27c0359a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。