スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
春の北東北は雪山で -八幡平・八甲田・尻屋崎-
アスピーテラインは8時30分からって知ってたのに6時に目が覚めてしまいました。
岩手山が綺麗に見えてますね。今日も良い天気を期待しましょう。


二度寝するのもアレだし、昨日行けなかった安比高原でも行ってみましょう。
併走する電車をぶち抜きつつR282を北へー北へー。


結構でかいスキー場の横を抜けて高度を上げていくと雪がモッサリと。。。
広大なブナの森を前にして道が途切れてました。新緑の時期は最高に綺麗でしょうなココ。


人工的な音だけじゃなく鳥の鳴き声も無い中コーヒーをぐびっと。
凛とした空気の中大自然を堪能できただけでも来た甲斐があったかな?
でもここは夏の朝霧+緑の匂いがあったほうがいいかなー。

時間も迫ってきたし来た道を戻ります。
r23に入ると八幡平行くんだろーなーって車がちらほら。
アスピーテラインも最初の方は森の中をグングン上って行きます。

でもスノーシェードをいくつか超えると。。。


どーんと雪山が+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+

『わーすっげ!まじすっげ!!』なんてはしゃいじゃいましたよ。。。

ゲートオープンにはちと早かったらしくいつぞやと同じくずらっとね。
ちんたら後ろ着いて行ってもツマランのでロッヂの駐車場でコーヒーブレイクです。


ゲートを越えるとまずは雪壁がお出迎え。


こんな雪山でも道は完全ドライ。東北人の執念を感じます。


源太岩展望台からは4月末とは思えない景色がずばーんと。
さすがにこの高さまで来ると寒いっす。風も超強いし。。。


これからは尾根に近い所を走るんでどんどん雲が通り過ぎて行きます。


このあたりから両脇雪壁を堪能できます。


雪壁に登って振り返ってパチリ。
鳥海山でも思ったけど綺麗に削るね。


写真を撮ってるうちにドンドン雲が掛かってきて辺りは真っ白に。
左右は雪壁。前後は濃い霧。モノトーンな世界です。


走り出してみたもののひどい所じゃ前走車も見えやしねぇ。


駐車帯に避難したけどコレはコレで危険な気が。。。
ぜんっぜんクリアにならず見返峠もふけの湯も通り越してる始末。・゚・(ノд`)・゚・。


いつの間にか秋田側に下ってたんでその後はR341-R282を淡々と北上。
このあたり良いペースの集団の後ろ走ってて周りの景色の記憶無いっす。
小坂町からはr2(十和田大館樹海ライン)で十和田湖へ。
この道は殆ど車も居ないし暖かい時期は緑が綺麗そうなんでオススメですね。


発荷峠にはすんげぇ人と車が(´-`)
展望台登ってみたものの十和田湖も靄ってるし写真撮る気も起こらんわ。
写真見たい人は3troyさんの所でどうぞw

十和田湖を時計回りに周って奥入瀬へ。
暖冬だったから期待してたけど枯れ枯れでした。
でもさすがは奥入瀬すげぇ人。紅葉の時期なんて考えるだけで恐ろしい。。。


奥入瀬を抜けたらゴールドラインで八甲田へ。
この辺りは看板も地味な色使い。景観に配慮してるんでしょうかね?


本日二度目の雪壁なんで感動も薄めだったり。


でも八甲田は一味違う。
途中で雪壁に上がれるようになってました。


カメラ持って必死こいて登るとそこには人生初の光景が!
鳥海山や八幡平と違って雪の平原にずどーんと道を通してるんだここ!!
感動に打ち震えつつも『削った雪は何処に?』という疑問がふつふつと。


壁のふちに立って見下ろすと結構怖いっす。
雪の上なんで不用意に足踏み出すとずぼって埋まる…っていうか膝まで埋まったし。


八幡平で温泉に入れなかったんで酸ヶ湯へ浸かってきました。
予備知識ゼロだったんで千人風呂はびっくらこきましたよ。

八甲田を時計回りする予定だったけどちと寄り道。
城ヶ倉大橋を見に行ったんですが…普通の大きな橋でした(´-`)


その後はr40で八甲田を周回する道へ。
ふかーい森の間を走ってると一気に視界が開けて田代平に到着です。
R394を少し行った所からだと田代平と八甲田が一望できて良いですよ。


尻屋崎に3時には着きたいんでこっからはスーパーダッシュ。
ちなみにR394。R4までは結構な山道。そっからR338までは平坦な快走路でした。


R338は途中までは原発のおかげ?で超ハイペースな快走路。
集落を抜ける辺りは『あってるのか?』ってくらい細いけどそれがR338。


いよいよ尻屋崎に向かうr6に合流すると沢山の風車がお出迎え。
荒涼とした景色を想像してたらなんか工業地帯チックな景色がΣ(゚Д゚


なんか釈然としないものを感じつつ3時ちょい前に噂のゲートに到着。
…って16:00までって書いてますやん!4月一杯は16時までらしいっす。


ゲートを過ぎてちょっと走れば『あーこれこれ』って景色がお出迎え。


ツーリングマップル風にパチリ。
なんかビートの人が後ろで待ってたんで車入れれんかった。・゚・(ノд`)・゚・。


ついに尻屋埼灯台に到着。


灯台の左側に岬がありました。


振り返ってみると荒涼とした感じがいいっすね。
納沙布でも宗谷でも感じなかったこの感じ。最高!


ここは良い所だ。


本土最北東端の岬に立ってみました。


灯台の右側に居るはずの寒立馬がいない。。。


もう少しボーっとしてたかったけど馬を探しに出発。
走ってきた道の先へ少し進むと…居た!


人が近づいても完全無視で草をハムハム。
都井岬の馬みたいに擦り寄ってくることも無かったです。


この白いのは終始ぼーっとしてました。


触れ合うでもないこの微妙な距離感。


本当はもっと見てたかったけどオジサンが呼びに来たんでしぶしぶ撤収です。
途中でオジサン追い越しちゃったんでゲート前でプチ渋滞が起こってました。


大間で夕陽ってのもアリだったけど明日も朝は晴れの予報だったんでむつ市に直行しました。
…しかしこの決断が大いなる誤算。旅先では見れるうちに見とけってことですな。
スポンサーサイト

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

【2007/04/30 01:01 】 | 東北 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
<<春の北東北は雪山で -大間・竜飛- | ホーム | 春の北東北は雪山で -角館・北上山地->>
コメント
これノーマルタイヤで大丈夫?
こんにちは。
八甲田の雪の回廊はすごいっすね。
行ってみたいけど、これノーマルタイヤで行ったんですか?ノーマルでOKなら行きたいなぁ。
八幡平の雪の壁+霧はかなり危険ですね。突っ込まれたりしてもおかしくないです。
尻屋崎は私も大好きなところです。人が少ないシーズンがいいですね。北海道の有名な岬よりもっと最果て感を感じることが出来ます。
【2007/05/14 11:32】| URL | 3troy #GCA3nAmE[ 編集] |
本土最北東端って?
変じゃない?
最も北じゃないし、最も東でもない。
そういえば山口県の川尻岬が本州最西北端って名乗ってたけどやっぱり変。
尻屋崎って本土最北東端なんて名乗ってたっけ?
最も北東?最も西北?あまり意味があるように思えないんですよね~(^-^;
【2007/05/14 13:27】| URL | 3troy #GCA3nAmE[ 編集] |
(*′ω`)b゛ок!!
3troyさん。
八甲田の雪の回廊は感動でした。
この日は朝夕凍結注意の掲示が出てたけど、
昼間ならノーマルでも全然おっけーっすよ。

尻屋崎は夕暮れ+冬枯れでまさに果てって雰囲気が良かったっす。
最北東端の記述は某HPにあったんでそのまま引用(マテ
灯台の右手に『本州最涯地』の石碑があったからその方が格好良かったかな。
【2007/05/14 23:37】| URL | 鉄斎 #WoNUWPUA[ 編集] |
(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…
トンネルを抜けるとそこは雪国だった・・って感じですかな?
ええのぅ。
雪壁はすごいねぇ。
でも積もってからキレーイに削ってるんだろうか・・
それとも雪が少ないうちから毎日ちょっとずつ削っていくのかしらん。
それにしてものどかだのw
【2007/05/17 10:49】| URL | のん♪ #64owOXpE[ 編集] |
(*´・д)(д・`*)ネー
多分積もってから一気にだろうね。
でもなんで道があった所がわかるんだろ・・・?
お馬さんが居る岬は時間がゆっくりだったよー。
大間とか竜飛はバリバリ観光地だから風情も何も無かったケドね。
【2007/05/17 23:14】| URL | 鉄斎 #WoNUWPUA[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://edogein.blog21.fc2.com/tb.php/50-a8babf8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。